背景

私は仕事としてWeb領域でエンジニアをやっており、つい最近転職を行いました。
普段は自宅でWindowsのデスクトップPCを使用しているのですが、在宅で仕事をする際、ラップトップPCであるMacBook Pro(以降Macと記載)を使用することになりました。
どうせ在宅で仕事できるのだから、既に個人所有しているモニターや各種デバイスをMacでも使用したいと思ったのが今回のきっかけです。

私は自宅でマイクやスピーカーなどのオーディオ機器をPCに接続して使用しており、PCへの接続にオーディオインターフェイスを挟んでいます。
理由としては下記のとおりです。

  • 様々なオーディオ機器の接続に対応するため
  • 音質を最大限良くするため
  • ハードウェアでボリュームやバランスを調整できるようにするため
  • なんとなく使うのが楽しいため

Macでも全く同じ構成を使えると、非常に嬉しいわけです。

課題

いざオーディオインターフェースをMacに接続して、スピーカーへのサウンド出力を確認したところ、何も問題ありませんでした。
次にオーディオインターフェースにマイクをつないで、Macで認識できるか確認したところ、正常にサウンド入力はされていました。
ただ、ボリュームが小さすぎます。

macOSではオーディオインターフェースをつないだ際、出力はボリュームコントロールがあるのになぜか入力は無いのです。
(仕様らしいですが詳細はよく分からず…)

困ったことになりました。
オーディオインターフェース側でもボリュームは調整できます。
しかし、私が使用しているオーディオインターフェースは入力が必ず出力に合流する仕組みになっています。
そのため、ボリュームを上げすぎると併用しているスピーカーから入力音声が爆音で聞こえてくることになります。
また、たとえ上記を無視したとしても、入力のボリュームは小さすぎてオーディオインターフェースの調整幅だと足りないレベルでした。

Windowsでは入力と出力はどちらもボリュームコントロールが有効だったのに…。

解決策

ハードウェア、OS標準のボリュームコントロールどちらも解決策にならないため、別の手段を考えました。
そしてソフトウェアでの解決に至りました。
それで見つけたのがLadioCastです。

LadioCastはサウンドミキサーのソフトです。
サウンドミキサーを用いると複数のサウンド入力を一つのサウンド出力にまとめる(ミックスする)ことができます。
ただし、今回はミックスする必要はなく、あくまでLadioCastのボリュームコントロールを利用します。

ただしLadioCastだけだと入出力を中継させるものが無いので、Soundflowerという仮想オーディオデバイスのソフトも併用します。

設定手順

  1. Soundflowerをインストールする
  2. LadioCastをインストールする
  3. オーディオインターフェースを接続する
    1. マイクを接続しておく
    2. オーディオインターフェースでマイクが認識している状態にする
  4. [ システム環境設定 > サウンド > 入力 ] で「Soundflower (64ch)」を選択する ※画像のサウンドのキャプチャを参照
  5. LadioCastでサウンド入力の設定を行う ※画像のLadioCastのキャプチャを参照
    1. LadioCastを起動する
    2. 入力1でオーディオインターフェースを選択する ※「USB Audio CODEC」という名称になっている事が多いです
    3. 出力先はメインを選択
    4. 出力メインで「Soundflower (64ch)」を選択する
  6. ボイスメモなどでマイクからのサウンド入力をしつつ、ボリュームを調整する
    1. ボイスメモで録音する
    2. ボリュームが小さい場合は「+〇〇dB」を横のボタンを使って高くしていく
    3. 1~2を繰り返してちょうど良いボリュームにする
  7. LadioCastをスタートアップに登録する(手順)
  8. マイクを利用したいアプリケーションのサウンド入力で既定を選択する

ここまですべて行えば、全ての設定が完了です。
サウンド入力が出来ていない場合は、下記の点再確認してみてください。

  • LadioCastが起動しているか
  • [ システム環境設定 > サウンド > 入力 ] が「Soundflower (64ch)」になっているか
  • 使用したいアプリケーションのサウンド設定で入力が既定になっているか

[ システム環境設定 > サウンド > 入力 ]
LadioCastの設定画面

注意点

M1チップ搭載の端末だとSoundflowerが正常に動作しないとの情報がありました。
該当する方は代替としてBlackholeというソフトがあるので、そちらを使ってください。

今回の構成にホワイトノイズを消す効果は無いです。
消したい人は一般的なオーディオ観点での対策や、専用アプリによる排除などを行ってください。